[スポンサーリンク]

ケムステニュース

石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に

石油化学大手の業績が急拡大している。2005年3月期の連結営業利益は最大手の三菱化学が前期比27%増の1250億円強、東ソーも66%増の500億円前後になるのをはじめ、大手5社がそろって過去最高になりそうだ。中国などアジアでの石化製品の市況好転に加え、需給ひっ迫を背景に国内でも製品値上げが進み、原油高などの影響を吸収する。(引用: 日本経済新聞)

 

営業利益が過去最高だそうですね。石油化学大手5社とは三菱化学東ソー旭化成住友化学工業三井化学のことです。現在、需要は中国を中心に拡大が続き、その需給逼迫による好転です。ただ、1バレルあたり50ドルという原油高であるため(約一年前までおおむね二〇ドル台から三〇ドル台で推移していた)原油高の影響が大きい米国や中国の景気が減速すれば、波及は避けられないでしょう。とりわけ、原料・燃料とも石油製品を使用するメーカーは大変ですね。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  2. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  3. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  4. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  5. 分子の動きを電子顕微鏡で観察
  6. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  7. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  8. 米国の博士研究員の最低賃金変更

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  2. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  3. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2
  4. ワイリー・サイエンスカフェ開設記念クイズ・キャンペーン
  5. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  6. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations
  7. JACSベータ
  8. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  9. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  10. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Glenn Gould と錠剤群

Tshozoです。突然ですがこの動画をご覧ください。元々は" the CBC show, "…

合同資源上瀑工場

千葉県大多喜町にある相生工業(株)(現(株)合同資源)のヨウ素製造拠点で、反応設備兼沈降設備であるド…

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP