[スポンサーリンク]

ケムステニュース

石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に

石油化学大手の業績が急拡大している。2005年3月期の連結営業利益は最大手の三菱化学が前期比27%増の1250億円強、東ソーも66%増の500億円前後になるのをはじめ、大手5社がそろって過去最高になりそうだ。中国などアジアでの石化製品の市況好転に加え、需給ひっ迫を背景に国内でも製品値上げが進み、原油高などの影響を吸収する。(引用: 日本経済新聞)

 

営業利益が過去最高だそうですね。石油化学大手5社とは三菱化学東ソー旭化成住友化学工業三井化学のことです。現在、需要は中国を中心に拡大が続き、その需給逼迫による好転です。ただ、1バレルあたり50ドルという原油高であるため(約一年前までおおむね二〇ドル台から三〇ドル台で推移していた)原油高の影響が大きい米国や中国の景気が減速すれば、波及は避けられないでしょう。とりわけ、原料・燃料とも石油製品を使用するメーカーは大変ですね。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

最新記事 by webmaster (全て見る)

関連記事

  1. 化学グランプリ 参加者を募集
  2. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  3. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  4. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  5. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  6. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  7. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  8. 独BASF、米樹脂メーカーのジョンソンポリマー社を買収

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 論文執筆ABC
  2. ロナルド・ブレズロウ賞・受賞者一覧
  3. キセノン (xenon; Xe)
  4. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanum(III) Trifluoromethanesulfonate
  5. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  6. 野崎・檜山・岸カップリング反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (NHK) Coupling
  7. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス
  8. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  9. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  10. 近況報告PartIV

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

就職か進学かの分かれ道

2017年も始まりましたね。現在1月、もうすぐ3月。そうです、就職活動の時期がやってきます。…

ハイフン(-)の使い方

yハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をい…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP