[スポンサーリンク]

ケムステニュース

製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告

PFOAフライパンの焦げ付き防止に用いられる米化学大手デュポンの「テフロン」などフッ素樹脂の製造過程で使われる化学物質に発がん性がある可能性を指摘した報告書を、米環境保護局(EPA)関連の第三者機関が31日までにまとめた。AP通信が伝えた。

 この機関は、EPAの依頼で、問題の化学物質「パーフルオロオクタン酸塩(PFOA)」の危険性を調べていた調査委員会。(引用:四国新聞社

?

 原材料の高騰や大型ハリケーンなどの影響を受け、二桁減益のデュポン。どうやら調査委員会ではPFOAは発がん性物質の可能性があるという結論に一致したそうです。PFOAはテフロンなどのフッ素樹脂製造の助剤であり、最終製品にはほとんど含まれていないといいますが。どうなるんでしょうか。


関連リンク


PFOS総説


関連ニュース


米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり(2005.3.7)

米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字(2005.10.26)

 


 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  2. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  3. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  4. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表…
  5. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  6. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  7. 金大発『新薬』世界デビュー
  8. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 保護により不斉を創る
  2. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待
  3. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  4. ジョン・フェン John B. Fenn
  5. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  6. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  7. 武田薬品、14期連続で営業最高益に
  8. M.G.フィン M.G.Finn
  9. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  10. 2009年10大化学ニュース【Part2】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP