[スポンサーリンク]

ケムステニュース

製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告

PFOAフライパンの焦げ付き防止に用いられる米化学大手デュポンの「テフロン」などフッ素樹脂の製造過程で使われる化学物質に発がん性がある可能性を指摘した報告書を、米環境保護局(EPA)関連の第三者機関が31日までにまとめた。AP通信が伝えた。

 この機関は、EPAの依頼で、問題の化学物質「パーフルオロオクタン酸塩(PFOA)」の危険性を調べていた調査委員会。(引用:四国新聞社

?

 原材料の高騰や大型ハリケーンなどの影響を受け、二桁減益のデュポン。どうやら調査委員会ではPFOAは発がん性物質の可能性があるという結論に一致したそうです。PFOAはテフロンなどのフッ素樹脂製造の助剤であり、最終製品にはほとんど含まれていないといいますが。どうなるんでしょうか。


関連リンク


PFOS総説


関連ニュース


米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり(2005.3.7)

米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字(2005.10.26)

 


 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  2. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  3. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  4. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  5. 甘草は虫歯を予防する?!
  6. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  7. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  8. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!
  2. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  3. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Dihydroxylation (SharplessAD)
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  5. ノーベル賞・田中さん愛大で講義
  6. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  7. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  8. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  9. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成
  10. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosugi-Stille Cross Coupling

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

日本酸素記念館

大陽日酸の記念館で、創業時にドイツから輸入した酸素分離機が展示されていて、酸素分離機は、認定化学遺産…

室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

 プリンストン大学・Eric Sorensenらは、光駆動型水素原子移動(HAT)触媒-卑金属触媒ハ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP