ケムステニュース

  1. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟

    清涼飲料水などに広く使われる人工甘味料「アスパルテーム」の製造法を開発した「味の素」(東京)の元中央研究所プロセス開発研究所長、成瀬昌芳さん(63)が、会社に特許権を譲渡した対価の一部の支払いを求めた訴訟は19日、味の素が和解金1億5000…

  2. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付加

    神戸製鋼所は17日、抗菌めっき技術「KENIFINE(ケニファイン)」を応用し、塗料や樹脂、セラミッ…

  3. 5社とも増収 経常利益は過去最高

    化学大手5社の04年9月中間連結決算が17日、出そろった。石油化学製品の主原料になるナフサ(粗製ガソ…

  4. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功

    ライオン株式会社(社長・藤重 貞慶)ビューティケア研究所と生物科学センターは、『制汗デオドラント剤』…

  5. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ

    カイコガの雄の性フェロモン受容体の遺伝子を、京都大大学院農学研究科の西岡孝明教授(応用生命科学)らの…

  6. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院

  7. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研

  8. 風力で作る燃料電池

  9. イチゴ生育に燃料電池

  10. 「マイクロリアクター」装置化に成功

  11. 昭和電工、青色LEDに参入

  12. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化

  13. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道

  14. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験

  15. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に

  16. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  2. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  3. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増
  4. 研究倫理を問う入試問題?
  5. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  6. 相撲と化学の意外な関係(?)
  7. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与

注目情報

最新記事

分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

第98回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学の宮田潔志さん(日本学術振興会海外特別研究員)にお…

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

PAGE TOP