[スポンサーリンク]

A

アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction

 

概要

トリフェニルホスフィンなどのリン試薬とアジドを反応させると、Staudinger反応によってアザリンイリド中間体が生じる。これはカルボニル化合物と反応してとイミンを生成する。Wittig反応の窒素バージョンと考えられる。

基本文献

Review

 

開発の歴史

1919年にStaudingerとMyersらがアジドにホスフィンによりアザリンイリド中間体(aza-wittig反応剤)が生じることを報告した。アザリンイリド中間体を加水分解すると対応するアミンが得られる(Staudinger Reaction)。おおよそ30年後がカルボニル化合物と反応させることで、イミンを合成することに成功した。本反応および関連反応をAza-Wittig反応と呼ぶ。

 

反応機構

aza_wittig_2.gif

反応例

アザリンイリドは様々な試薬と反応し、それぞれ異なる生成物を与える。以下に例をまとめる。
aza_wittig_3.gif
二級アミン合成への応用
aza_wittig_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speie…
  2. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangemen…
  3. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  4. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene S…
  5. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reacti…
  6. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  7. TosMIC
  8. 永田試薬 Nagata Reagent

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  2. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate
  3. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  4. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  5. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  6. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!
  7. Wiley社の本が10%割引キャンペーン中~Amazon~
  8. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction
  9. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
  10. カンブリア爆発の謎に新展開

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP