[スポンサーリンク]

一般的な話題

親子で楽しめる化学映像集 その2

ゴールデンウィーク明けましておめでとうございます!

皆さん素敵な休日は過ごせましたでしょうか?私は講義でした・・・

最近の大学では祝日でも平気で講義が日程に入っています。世知辛い世の中です。

という訳でゴールデンウィークでなまってしまった皆様の化学脳を再び活性化すべく、化学映像をお楽しみ下さい。今回も美しいものから不思議なもの、ちょっと恐ろしげなものまで取りそろえてみました。

 

前回のはこちら

アナと雪の結晶

最初は凄く短いですが美しい映像をどうぞ。

 

水滴から雪の結晶のような形ができあがってくる映像です。

正確にはこのようにして雪の結晶ができるわけではないですが、神秘的な造形ですね。

 

スーパー撥水

二つめも水に関係したものを。主役は水ではなく、素材の方ですが。

 

最初に出てくるのは超親水性の素材です。金属の板を斜めに立てかけているにもかかわらず、水を下の方にたらすと親水性のため水が広がりながら上に上っていきます。

次に出てくるのは全く逆に超撥水性の素材です。上から水滴をたらしてもはじいてしまい、水滴がジャンプします。

素材と言っても実は新素材というわけではなく、既存の金属をレーザーを用いて表面を加工したものです。

この結果はロチェスター大学のグループによってJournal of Applyed Physiscs誌に報告されています。[1]

 

躍る水

お次はなんだか一瞬理解不能な映像を。

フラスコの中にある液体が凍ったり、沸騰したりしています。これはトリック映像でもなんでもなくて、物質の三重点を見事に撮影したものです。

三重点とは物質がある温度、圧力下で液体、気体、固体の三態全てをとることができる特異的な状態のことです。例えば水の三重点は、温度が 0.01 ℃ (273.16 K)、圧力が 611.2 Paとなっています。

映像はシクロヘキサンですので、温度279.48 K (6.33 °C)、圧力5.388 kPaとなっているはずです。

 

チクチクウニ

前回はガリウムの不思議な性質に関する動画をご紹介しましたが、今回のは磁性流体の不思議です。

磁性流体とはその名の通り磁性を帯びた液体とでもいいましょうか。強磁性の物質を含んだコロイド溶液です。磁性流体に対してネオジム磁石のような強力な磁石を近づけるとスパイク現象という現象によりトゲトゲのウニみたいな状態になります。磁力線を可視化したような感じですね。

ある種の芸術のようです。実際に磁性流体を使ったアートを作成しているアーティストさんがいらっしゃるくらいです。

磁性流体を自作することも可能で、レーザープリンター用のトナー食用油に入れて混ぜるだけでできます。ただトナーがこぼれたり、どこかに付くと落ちませんので家庭でお試しの際はご注意を。

市販のキットも売られたりしています。

 

青き炎

最近我が国では火山の活動が活発化しているところが多い気がします。

当然災害には十分注意が必要ですし、できれば噴火などしてほしくはありません。

しかし時に自然の驚異は不謹慎にも美しく感じてしまうことがあります。ハワイのキラウエア火山の溶岩などは観光スポットにもなっているくらいですが、インドネシアのijen火山はこれまた幻想的な光景を見せてくれます。

溶岩流といえば灼熱の赤が定番ですが、こちらの溶岩流は青白く光っています。

Ijenは硫黄が多量に産出することでも知られており、その露出した硫黄が燃焼することで青白い炎が出ているのです。この地に行くには数時間のハイクが必要で、かつこの青白い炎は夜しか観察できないので観光地にするのは困難だそうですが、それでも訪れる人は増えているようです。

 

 

ごちゃ混ぜ

最後は色々詰め合わせの映像をどうぞ

 

最初はコーラに塩素(系の漂白剤と思われます)を入れるというのから始まります。美しいものからワオというものまでバリエーションがあって楽しめます。

サムネイルは石けんインク入り牛乳のものですが、私が一番綺麗だと思ったのは水にセシウムを入れる映像です。アルカリ金属を水に入れるとドカンといきますが、水の中はこんなに綺麗なんですね。

他にもリチウムやカルシウム金属を火にかけたらどうなるのかなどは正直知りませんでした。

お約束のチオシアン酸水銀に点火して”ファラオの蛇”を呼び出すちょっとグロい映像もあります。ただ一つ解せないのはイカの活き作りに醤油をかけるやつです。化学反応と言えるのかどうか・・・

 

YouTubeは化学映像の宝庫ですね。次から次へと見つかるのですが、日本語のがちょっと少ないのが気がかりであります。日本の大学もYouTubeをもっと活用していいのではないかと思いました。

また発掘しましたらいつか紹介したいと思いますので、次回をお楽しみに!

 

 

参考文献

  1. A. Y. Vorobyev, A. Y.;Guo, C. J. Appl. Phys. 2015, 117, 033103. DOI: 10.1063/1.4905616

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. U≡N結合、合成さる
  2. カブトガニの血液が人類を救う
  3. 癸巳の年、世紀の大発見
  4. MFCA -環境調和の指標、負のコストの見える化-
  5. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア
  6. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  7. ReadCubeを使い倒す(1)~論文閲覧プロセスを全て完結させ…
  8. 科学はわくわくさせてくれるものーロレアル-ユネスコ賞2015 P…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  2. サムスン先端研恐るべし -大面積プリンタブルグラフェンの合成-
  3. 黒田チカ Chika Kuroda
  4. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  5. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  6. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  7. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  8. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  9. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  10. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジンの亜リン酸によるエナンチオ選択的非対称化反応

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP