[スポンサーリンク]

chemglossary

ケージド化合物 (caged compound)

 

ケージド化合物(caged compound)は、光で脱保護できる保護基で、生理活性分子を保護し、一時的に活性を失わせた分子のこと。紫外線など波長が短くエネルギーが大きな光を顕微鏡下で照射することで、瞬時に元の生理活性分子をのぞみの場所だけで出現させることができます。光活性化かごつき化合物とも。

ケージド化合物は、あらかじめ光で外せるかご(cage)となる化学構造をつけて不活性化した生物活性物質です[1-3]。顕微鏡下等で光脱保護することにより、部位特異な精密観察を可能にします。現在、神経伝達物質等の光活性化かごつき化合物が試薬会社から購入できます[4],[5]。

 

参考文献

[1] “Caged compounds: photorelease technology for control of cellular chemistry and physiology.”?Graham CRED et al. Nature Method 2007 DOI: 10.1038/nmeth1072

[2] “From One-Photon to Two-Photon Probes: Caged Compounds, Actuators, and Photoswitches.”?Bort G et al. Angew. Chem. Int. Ed. 2013 DOI: 10.1002/anie.201204203

[3] “Photoremovable Protecting Groups in Chemistry and Biology: Reaction Mechanisms and Efficacy.” Klan P et al. Chem. Rev. 2013 DOI: 10.1021/cr300177k

[4] フナコシ・ケージド化合物(http://www.funakoshi.co.jp/contents/6676)

[5] ナカライタスク・ケージド化合物(https://www.nacalai.co.jp/products/recommend/tocris_4.html)

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction…
  2. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatori…
  3. デンドリマー / dendrimer
  4. 有機触媒 / Organocatalyst
  5. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Car…
  6. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversificat…
  7. コールドスプレーイオン化質量分析法 こーるどすぷれーいおんかしつ…
  8. 不斉触媒 ふせいしょくばい asymmetric catalys…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者たちのエッセイ集【Part1】
  2. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  3. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  4. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  5. 2010年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  6. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!
  7. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  8. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation
  9. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  10. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid Synthesis

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP