[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設

    九州大学は15日、分子情報とバイオをテーマにした二つの研究センターを4月に開設する、と発表した。いずれも産学連携を進め、先端科学をめぐる九大の将来の拠点になるという。分子情報は「未来化学創造センター」。ナノテクノロジー(超微細技術)…

  2. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売

    ソニーは15日、同社従来品よりも単位体積当たり約3割の高容量化を実現したというハイブリッドリチウムイ…

  3. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携

    積水化学工業は15日、包装資材などに使う工業用接着剤で米最大手のH・B・フーラー(ミネソタ州)と提携…

  4. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰

    経済産業省・中小企業庁は14日、起業を目指す人のモデルとなるベンチャー企業の経営者ら16人を表彰…

  5. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料

    次世代ディスプレーへの応用が期待される「エレクトライド(電子化化合物)」と呼ばれる化合物を簡単に…

  6. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO

  7. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功

  8. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン

  9. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直される

  10. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所

  11. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増

  12. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で

  13. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成

  14. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却

  15. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ

  16. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 国際化学オリンピック2023が開催:代表チームへの特別インタビュー
  2. 有機合成化学協会誌2021年10月号:フッ素化反応2010-2020
  3. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~
  4. サラシノール salacinol
  5. LG化学がグローバルイノベーションコンテストを開催へ
  6. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  7. クロう(苦労)の産物!Clionastatinsの合成

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP