[スポンサーリンク]

archives

ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

D1678.gif


銅、鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応


Tailleferらは、銅または鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応について報告しています。それによれば、銅触媒存在下でのアリールクロリドとフェノールのカップリング反応において、ジピバロイルメタン
配位子として加えることにより、高収率でジアリールエーテルが得られます。この方法はパラジウム触媒を用いる従来の方法に比べ安価で、工業スケールでも利
用可能であることから、有用であると考えられます。また、鉄触媒存在下におけるアリールヨージドとフェノールのカップリング反応や、これらの反応を組み合
わせた非対称ポリエーテルのワンポット合成についても報告しています。
N. Xia, M. Taillefer, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6037.

関連記事

  1. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…
  2. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  3. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…
  4. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試…
  5. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  6. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  7. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline…
  8. Nsアミン誘導体

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 森田浩介 Kosuke Morita
  2. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction
  3. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  4. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  5. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  6. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  7. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  8. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??
  9. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  10. 寺崎 治 Osamu Terasaki

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP