[スポンサーリンク]

archives

ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

D1678.gif


銅、鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応


Tailleferらは、銅または鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応について報告しています。それによれば、銅触媒存在下でのアリールクロリドとフェノールのカップリング反応において、ジピバロイルメタン
配位子として加えることにより、高収率でジアリールエーテルが得られます。この方法はパラジウム触媒を用いる従来の方法に比べ安価で、工業スケールでも利
用可能であることから、有用であると考えられます。また、鉄触媒存在下におけるアリールヨージドとフェノールのカップリング反応や、これらの反応を組み合
わせた非対称ポリエーテルのワンポット合成についても報告しています。
N. Xia, M. Taillefer, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6037.

関連記事

  1. BTQBT : BTQBT
  2. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  3. ノーベル化学賞への道公開
  4. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  5. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  6. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  7. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試…
  8. MNBA脱水縮合剤

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  2. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  3. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  4. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  5. 基礎から学ぶ機器分析化学
  6. 第38回有機金属若手の会
  7. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis
  8. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  9. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  10. 天然物界70年の謎に終止符

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP