[スポンサーリンク]

archives

カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド:Carbonyltris(triphenylphosphine)rhodium(I) Hydride

 

C1383.gif

Rh(I)触媒を用いるN‐プロパギルアニリンのアミノ‐Claisen転位を経由するインドール合成


齋藤らは,RhH(CO)(Ph3P)3触媒を用いるN-プロパギルアニリンから2‐置換または2,3‐二置換インドールの合成を報告しています。その報告によると,Rh(I)触媒によりN-プロパルギルアニリンの芳香族アミノ‐Claisen転位が進行し,生じたo‐アレニルアニリン中間体を経由してインドールが生成するとNMR解析結果から結論付けています。さらに,RhH(CO)(Ph3P)3と1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロ-2-プロパノールからin situで生じる[Rh(CO)(Ph3P)2]OCH(CF3)2が活性触媒種であることを単結晶X線結晶解析で証明しています。

 

 A. Saito, S. Oda, H. Fukaya, Y. Hanzawa, J. Org. Chem. 2009, 74 , 1517.

 

関連記事

  1. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  2. MNBA脱水縮合剤
  3. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  4. A-Phosパラジウム錯体
  5. Nsアミン誘導体
  6. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  7. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  8. カルノシン酸 : Carnosic Acid

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 春季ACSMeetingに行ってきました
  2. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis
  3. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  4. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで
  5. クロスカップリングの研究年表
  6. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  7. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  8. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  9. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt
  10. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP