[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥

「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイズ形式にしています。

さて第6回は、柴崎正勝金井求らによるGarsubellin Aの全合成(2005)について。望まぬ副反応を抑制する優れた工夫を取り上げたいと思います。

(※過去の問題はこちら:

 以下のアリル化反応においては、太赤字の添加剤がない場合には副反応を生じ、収率が低下してしまう。

どのような副反応を抑制する目的で選択されているかを推測し、合理的説明を与えよ。

next_move_6q.gif

解答はこちら

関連書籍

 

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. あなたはどっち? 絶対立体配置
  2. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  3. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  4. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・…
  5. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アー…
  6. 【書籍】10分間ミステリー
  7. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!
  8. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元…

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機アジド(2):爆発性
  2. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  3. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart
  4. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  5. アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大
  6. B≡B Triple Bond
  7. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  8. プリーストリーメダル・受賞者一覧
  9. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  10. 2013年就活体験記(1)

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP