[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥

「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイズ形式にしています。

さて第6回は、柴崎正勝金井求らによるGarsubellin Aの全合成(2005)について。望まぬ副反応を抑制する優れた工夫を取り上げたいと思います。

(※過去の問題はこちら:

 以下のアリル化反応においては、太赤字の添加剤がない場合には副反応を生じ、収率が低下してしまう。

どのような副反応を抑制する目的で選択されているかを推測し、合理的説明を与えよ。

next_move_6q.gif

解答はこちら

関連書籍

 

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 炭素をBNに置き換えると…
  2. 触媒討論会に行ってきました
  3. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanth…
  4. リケジョ注目!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞-2013
  5. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II…
  6. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II…
  7. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: …
  8. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明

注目情報

ピックアップ記事

  1. 印象に残った天然物合成 2
  2. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  3. 一重項分裂 singlet fission
  4. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  5. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  6. ヘキサン (hexane)
  7. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations
  8. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  9. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!
  10. 最後に残ったストリゴラクトン

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP