[スポンサーリンク]

一般的な話題

TBSの「未来の起源」が熱い!

 

これからの日本の科学技術を担う若手研究者。雇用問題についての議論などは多数あっても、実際に彼らが何を思って研究を続けているのか、生の声に触れる機会はなかなかありません。

4月7日、そんな若手研究者たちを紹介する番組が新しくはじまりました。

未来の起源~若き研究者たちの挑戦~

どんな番組?

「未来の起源」(TBS提供)は日曜日の深夜22時54分からはじまる数分間の短い番組です。その中で若手研究者の研究テーマやその研究に進んだきっかけ、研究を続ける上での原動力などが紹介されます。

これまでに3回放送されましたが、出演された研究者は慶應義塾大学の准教授や測定機器メーカーの研究員です。それぞれが、どのようなストーリーで研究を行っているのかをまとめてありました。

今後どのような研究者が出演するのかわかりませんが、いろいろな分野に広がっていくことに期待したいと思います。

 

若手が顔をみせることの大切さ

テレビで若手研究者が取り上げられる機会というのはなかなかありません。放送時間自体は短くても、深夜の時間帯であっても、このような専用番組がNHK以外の地上波で流れることには大きな意味があると思います。

公式ホームページにも書かれている通り、10年、20年、30年先になるかもしれない「未来像」を現実のものとするのは今の若い世代です。その姿を社会に届ける役割をメディアが果たしてくれるのは、これからの研究者にとって心強いことです。

以前、博士課程進学についての記事を書いた際に指摘されたことでもありますが、大学でも企業でもいろいろな若手研究者の声が集まった場所があれば、研究の世界が活性化していくと思います。番組公式YouTubeチャンネル開設してくれないかなぁ。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
GEN
国立大JK。巨視的規模での多孔性作製を得意としていますが、バイオロボティクス他いろいろかじっています。化学をおもしろく伝えていきたいと考えています。

関連記事

  1. シュプリンガー・ジャパン:生化学会書籍展示ケムステ特典!
  2. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来
  3. 比色法の化学(前編)
  4. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を…
  5. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  6. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  7. オキソニウムカチオンを飼いならす
  8. スタニルリチウム調製の新手法

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然物の生合成に関わる様々な酵素
  2. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis
  3. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction
  4. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  5. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  6. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  7. 【追悼企画】カナダのライジングスター逝く
  8. なぜあなたは論文が書けないのか
  9. 2010年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  10. Org. Proc. Res. Devのススメ

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP