[スポンサーリンク]

archives

4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid

4-Mercaptobenzoic Acid



無臭の芳香族チオールを用いたニトロベンゼンスルホニル基の脱保護反応

野出らはアミノ基の保護基あるいは活性基として利用されているノシル基の新しい脱保護法を報告しています。それによれば,無臭の芳香族チオールである4-メルカプト安息香酸を用いることによりノシル基が選択的に脱保護されています。この脱ノシル化反応は,温和な条件で進行しかつ副生成物の除去が容易な有用な脱保護法です。
M. Matoba, T. Kajimoto, M. Node,?Synth. Communm.,?2008,?38, 1194.

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  2. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  3. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  4. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…
  5. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…
  6. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  7. Accufluor(NFPI-OTf)
  8. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  2. Amazonを上手く使って書籍代を節約する方法
  3. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  4. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  5. 4つの性がある小鳥と超遺伝子
  6. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  7. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に
  8. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成
  9. 続・名刺を作ろう―ブロガー向け格安サービス活用のススメ
  10. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP