[スポンサーリンク]

archives

4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid

4-Mercaptobenzoic Acid



無臭の芳香族チオールを用いたニトロベンゼンスルホニル基の脱保護反応

野出らはアミノ基の保護基あるいは活性基として利用されているノシル基の新しい脱保護法を報告しています。それによれば,無臭の芳香族チオールである4-メルカプト安息香酸を用いることによりノシル基が選択的に脱保護されています。この脱ノシル化反応は,温和な条件で進行しかつ副生成物の除去が容易な有用な脱保護法です。
M. Matoba, T. Kajimoto, M. Node,?Synth. Communm.,?2008,?38, 1194.

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. (R,R)-DIPAMP
  2. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  3. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  4. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  6. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  7. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  8. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  2. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)
  4. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Tanabe Fragmentation
  5. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  6. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  7. 酵素の真実!?
  8. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  9. 第8回平田メモリアルレクチャー
  10. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP