Chem-Station

|Sponsored Advert|

odos 有機反応データベース

TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
6月 09
21:05 2009
LINEで送る
Pocket

TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

 概要

2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシルラジカル (TEMPO)は、非常に安定に存在しうる市販の有機フリーラジカルである。有機合成においては一級アルコールを選択的にアルデヒドへと酸化させる目的で用いられる。通常触媒量のTEMPOおよび再酸化剤として次亜塩素酸ナトリウムやPhI(OAc)2を用いる手法が一般的である。二級アルコールが共存していても酸化されないため、選択的な酸化が可能である。

基本文献

  • Lebelev, O. L.; Kazarnovskii, S. N. Zhur. Obshch. Khim. 1960, 30, 1631.
  • de Nooy, A. E. J.; Besemer, A. C.; van Bekkum, H. Synthesis 1996, 1153. DOI: 10.1055/s-1996-4369

 

反応機構

TEMPOが酸化されて生じたN-オキソアンモニウムカチオンが酸化活性種として働く。
TEMPO_2.gif

反応例

Kuehneromycin Aの合成[1] TEMPO_3.gif
アリルアルコールは特に活性であり、酸化されやすい硫黄・セレン原子を含む化合物においても選択的に酸化を受ける。[2] TEMPO_4.gif
二相系で反応を行うと1級/2級アルコールの選択的酸化が行える。[3] TEMPO_5.gif
AZADO試薬はTEMPOよりも立体障害が少なく、活性が高い。立体的に混み合ったアルコールの酸化も可能。[4] TEMPO_6.gif

実験手順

PhI(OAc)2を再酸化剤として用いるTEMPO酸化[5] TEMPO_7.gif

撹拌子を備えた250mL丸底フラスコに、以下の順序で試薬を加える:アセトニトリル(28 mL)、(Z)-3,7-dimethyl-2,6-octadien-1-ol (nerol) (5.70 mL, 32.5 mmol)、pH7.0緩衝水溶液(8 mL)、TEMPO (490 mg, 3.24 mmol)、ヨードベンゼンジアセテート (11.49 g, 35.71 mmol)。原料が消失するまで反応溶液を0℃で撹拌する。ジエチルエーテル(100 mL)で反応溶液を希釈し、飽和チオ硫酸ナトリウム水溶液(2×50mL)で洗浄する。水層をジエチルエーテル(3×35mL)で洗浄し、有機層を合わせ飽和重曹水(40mL)、飽和食塩水(40mL)で洗浄する。無水硫酸ナトリウムにて有機層を乾燥後、濾過し、エバポーレータ(35℃, 70 mmHg)にて濃縮する。残渣をカラムクロマトグラフィ(シリカゲル、ジエチルエーテル/ヘキサン=1/9)で生成することで、目的物を無色油状物質として得る(4.30-4.39 g, 収率87-89%)

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Jauch, J. Angew. Chem., Int. Ed. 200039, 2764. [abstract]

[2] De Mico, A.; Margarita, R.; Parlanti, L.; Vescovi, A.; Piancatelli, G. J. Org. Chem. 1997, 62, 6974. DOI: 10.1021/jo971046m

[3] Einhorn, J.; Einhorn, C.; Ratajczak, F.; Pierre, J.-L. J. Org. Chem. 1996, 61, 7452. DOI: 10.1021/jo9609790

[4] Shibuya, M.; Tomizawa, M.; Suzuki, I.; Iwabuchi, Y. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 8412. DOI: 10.1021/ja0620336

[5] Piancatelli,G.; Leonelli, F. Org. Synth. 200683, 18. [PDF]

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事:以下の記事も読んでみてください

  • TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)OxidationTPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)Oxidation 概要 TPAP(nPr4N+RuO4-; TetraPropylAmmonium […]
  • トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetric Allylic Alkylationトロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetric Allylic Alkylation アルコール・エステル → エーテル、アミン、アルカン etc […]
  • 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction   概要 アリルアルコールから誘導されるアリルハライド/エステル/カーボネート/ホスホネートなどを基質とし、パラジウム(0)触媒存在下、さまざまな求核剤を置換反応により導入できる。通称Allylic Alkylation。 基質の適用範囲が広く、穏和な […]
  • チオール-エン反応 Thiol-ene Reactionチオール-エン反応 Thiol-ene Reaction   概要 チオールおよびアルケン間の結合形成反応。化学選択性・官能基許容性が高くかつ副反応を生じにくいことから、クリックケミストリーを体現する反応の一つと捉えられている。   基本文献 Posner, T. Chem. Ber. […]
  • トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethane(TMM) Cycloadditionトリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethane(TMM) Cycloaddition   概要 トリメチレンメタン(TMM)は不飽和結合と[3+2]付加環化を進行させる。他の方法では収束的に得ることの難しい、炭素5員環を構築可能な手法。 以下のような共鳴構造を有するため、1,3-双極子の一種と見ることもできる。 短寿命の高反応性 […]
  • トロスト酸化 Trost Oxidationトロスト酸化 Trost Oxidation   概要 1級水酸基共存下に、2級水酸基を選択的に酸化することができる。 基本文献 Trost, B. M. et al. Tetrahedron Lett. 1984, 25, 173. […]
  • 武田オレフィン合成 Takeda Olefination武田オレフィン合成 Takeda Olefination   概要 チオアセタールと2価チタノセンから有機チタン種を生成させ、カルボニルをオレフィン化する反応。 2価チタノセンの用時調製が必要ではあるが、合成容易な原料であるチオアセタールを活用可能な利点がある。類似系であるTebbe試薬やPetasis試薬、高井・ […]
  • 鋳型合成 Templated Synthesis鋳型合成 Templated Synthesis   概要 通常、環化による大環状化合物の合成には、望ましくない分子間反応を避けるために高度希釈法を用いるなどの工夫が必要となる。一方でクラウンエーテルなどの環形成には、環の大きさに見合う金属イオンを共存させ、環化に都合のよい状態を作り出すことができる。 一般 […]
  • 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction   概要 gem-ジハロアルカンから有機チタン種を生成させ、カルボニルをオレフィン化する反応。 多くのオレフィン化反応がアルデヒド・ケトンのみに適用を持つのに対して、本条件ではエステルやアミドのカルボニル基もオレフィン化することが可能。塩基性が低いため、エノ […]
  • アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesisアンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis   概要 メンチルスルホキシドにアルキルリチウムもしくはGrignard試薬を作用させて、光学活性スルホキシドを合成する手法。 基本文献  Gilman, H.; Robinson, J.; Beaber, N. J. J. Am. Chem. […]
LINEで送る
Pocket

About Author

Hiro

Hiro