[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

 概要

2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシルラジカル (TEMPO)は、非常に安定に存在しうる市販の有機フリーラジカルである。有機合成においては一級アルコールを選択的にアルデヒドへと酸化させる目的で用いられる。通常触媒量のTEMPOおよび再酸化剤として次亜塩素酸ナトリウムやPhI(OAc)2を用いる手法が一般的である。二級アルコールが共存していても酸化されないため、選択的な酸化が可能である。

基本文献

  • Lebelev, O. L.; Kazarnovskii, S. N. Zhur. Obshch. Khim. 1960, 30, 1631.
  • de Nooy, A. E. J.; Besemer, A. C.; van Bekkum, H. Synthesis 1996, 1153. DOI: 10.1055/s-1996-4369

 

反応機構

TEMPOが酸化されて生じたN-オキソアンモニウムカチオンが酸化活性種として働く。
TEMPO_2.gif

反応例

Kuehneromycin Aの合成[1] TEMPO_3.gif
アリルアルコールは特に活性であり、酸化されやすい硫黄・セレン原子を含む化合物においても選択的に酸化を受ける。[2] TEMPO_4.gif
二相系で反応を行うと1級/2級アルコールの選択的酸化が行える。[3] TEMPO_5.gif
AZADO試薬はTEMPOよりも立体障害が少なく、活性が高い。立体的に混み合ったアルコールの酸化も可能。[4] TEMPO_6.gif

実験手順

PhI(OAc)2を再酸化剤として用いるTEMPO酸化[5] TEMPO_7.gif

撹拌子を備えた250mL丸底フラスコに、以下の順序で試薬を加える:アセトニトリル(28 mL)、(Z)-3,7-dimethyl-2,6-octadien-1-ol (nerol) (5.70 mL, 32.5 mmol)、pH7.0緩衝水溶液(8 mL)、TEMPO (490 mg, 3.24 mmol)、ヨードベンゼンジアセテート (11.49 g, 35.71 mmol)。原料が消失するまで反応溶液を0℃で撹拌する。ジエチルエーテル(100 mL)で反応溶液を希釈し、飽和チオ硫酸ナトリウム水溶液(2×50mL)で洗浄する。水層をジエチルエーテル(3×35mL)で洗浄し、有機層を合わせ飽和重曹水(40mL)、飽和食塩水(40mL)で洗浄する。無水硫酸ナトリウムにて有機層を乾燥後、濾過し、エバポーレータ(35℃, 70 mmHg)にて濃縮する。残渣をカラムクロマトグラフィ(シリカゲル、ジエチルエーテル/ヘキサン=1/9)で生成することで、目的物を無色油状物質として得る(4.30-4.39 g, 収率87-89%)

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Jauch, J. Angew. Chem., Int. Ed. 200039, 2764. [abstract]

[2] De Mico, A.; Margarita, R.; Parlanti, L.; Vescovi, A.; Piancatelli, G. J. Org. Chem. 1997, 62, 6974. DOI: 10.1021/jo971046m

[3] Einhorn, J.; Einhorn, C.; Ratajczak, F.; Pierre, J.-L. J. Org. Chem. 1996, 61, 7452. DOI: 10.1021/jo9609790

[4] Shibuya, M.; Tomizawa, M.; Suzuki, I.; Iwabuchi, Y. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 8412. DOI: 10.1021/ja0620336

[5] Piancatelli,G.; Leonelli, F. Org. Synth. 200683, 18. [PDF]

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  2. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylat…
  3. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargyl…
  4. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…
  5. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…
  6. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  7. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  8. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide
  2. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  3. 英会話とプログラミングの話
  4. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  5. 無限の可能性を合成コンセプトで絞り込むーリアノドールの全合成ー
  6. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis
  7. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  8. 一流化学者たちの最初の一歩
  9. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~
  10. 窒素固定をめぐって-1

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Imaging MS イメージングマス

質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

第81回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学大学院工学研究科小川研究室博士1年の佐藤悠樹さんにお…

alreadyの使い方

副詞「already」は日本人が最もよく誤用する語の一つです。私が読んできた日本人学者による論文では…

「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

最近の有機化学論文2

前回に引き続き、注目の有機化学に関する論文を紹介いたします。【有機反応】δ位選択的なsp3C–H…

Evonikとはどんな会社?

Tshozoです。こないだ紹介したAkzonobelつながりで今回はドイツ特殊化学品の雄 Evoni…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP