[スポンサーリンク]

archives

ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】

講師        :       日揮触媒化成(株) ファイン研究所所長付 技監 西田 広泰 氏

日時        :     2009年11月27日(金) 13:00?16:30

会場        :     東京・江東区有明 東京ファッションタウン(TFT)ビル 9F 902
≪会場地図はこちら≫

受講料     :
(税込)     42,000円
⇒E-mail案内登録会員 39,900円
※資料付

 

申し込みはこちらをクリック!

講演内容  :       <趣旨>
最近、ナノ粒子に関する話題が多くなって来ている。ナノ粒子には、分類すると表面、大きさ、形状、バルク(粒子構造)の4つの特性がある。これらの特性が、機能性として利用されている。本講座では、ナノ粒子の性質と特性を述べ、その応用について、解説する。    1.ナノ粒子の分類とその製造法

2.ナノ粒子のキャラクタリゼーション
2.1 化学的性状
2.2 物理的性状

3.ナノ粒子の4つの特性
3.1 表面の性質
3.2 大きさの性質
3.3 形状の性質
3.4 バルクの性質

4.塗料化時のナノ粒子の分散安定性
4.1 樹脂エマルジョンとの混合
4.2 無機塩及び無機粒子含有水溶液との混合
4.3 有機溶剤又は樹脂含有溶液との混合

5.ナノ粒子の表面処理と特性
5.1 有機系表面処理剤による方法
5.2 無機系材料による方法
5.3 有機無機複合化による方法

6.ナノ粒子の機能性と応用分野
6.1 ナノ粒子の機能性
6.2 ナノ粒子の応用分野と実例

7.ナノ粒子の今後の動向

□質疑応答・名刺交換□

申し込みはこちらをクリック!
The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. スーパーブレンステッド酸
  2. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  3. 進化する カップリング反応と 応用展開
  4. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  5. 角田試薬
  6. 芳香環シラノール
  7. Accufluor(NFPI-OTf)
  8. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  2. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  3. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  4. グルコース (glucose)
  5. 2012年イグノーベル賞発表!
  6. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  7. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  8. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate
  9. 二酸化炭素をメタノールに変換する有機分子触媒
  10. バイアグラ /viagra

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP