[スポンサーリンク]

ケムステニュース

服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ

肺炎やのどの炎症の治療に使われる抗生剤「テリスロマイシン」(商品名・ケテック錠)を服用し、一時的に意識を失う例が6件発生し、交通事故を起こしたたケースもあったため、厚労省は重大な副作用として注意を呼びかけた。

この抗生剤の製造元はアベンティスファーマで、昨年12月に販売され、今年5月までに230万人に投与された。

服用した50―80代の男女6人が、服用から数時間後に意識を失い、うち2人が車の運転中に対向車と衝突するなどの交通事故を起こした。(引用: 読売新聞)

 

 

テリスロマイシンは代表的なマクロライド系(大環状化合物のこと)の薬であるエリスロマイシンの類縁体です。このようなマクロライド系の薬は多く、これらに共通してアレルギーや齢方がいるそうです。お薬の服用にはご注意を。

 

ちなみに薬になっている他のマクロライド系抗生物質は、アジスロマイシン、ロキシスロマイシン、ジョサマイシンと多数存在しています。

 

 

関連書籍

 


抗生物質のはなし

 


奇跡の薬―ペニシリンとフレミング神話


抗生物質が効かない

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  2. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  3. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  4. 学士院賞:数論幾何学の加藤和也京大大学院教授ら10人に
  5. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城
  6. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  7. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  8. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請
  2. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  3. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  4. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  5. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  6. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction
  7. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barbas教授
  8. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応
  9. Dead Ends And Detours: Direct Ways To Successful Total Synthesis
  10. ヨードホルム (iodoform)

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を

先日のケムステニュースで、化学系プレプリントサーバーChemRxiv(ケムアーカイブ)が投稿を受け付…

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP