[スポンサーリンク]

archives

TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒

 


近年,安定なニトロキシラジカルであるTEMPOを触媒とした環境調和型の酸化反応が注目されています。ニトロキシラジカルである2-アザアダマンタン-N-オキシル(AZADO)を用いることで,より高効率なアルコール酸化反応が可能であることが岩渕らによって報告されています1,2)。AZADOはTEMPOより高い酸化能を示し,かさ高い第二級アルコールでも高収率で酸化反応が進行します。 岩渕らにより改良された2-ヒドロキシ-2-アザアダマンタン(AZADOLR)はAZADOよりも保存安定性の高い触媒です。酸化剤存在下,AZADOを経由する触媒反応機構であることから,AZADOと同じ活性を示します。また,AZADOLRを原料にしたオキソニウム塩による他の酸化反応についても研究されています3)。

1)M. Shibuya, Y. Sasano, M. Tomizawa, T. Hamada, M. Kozawa, N. Nagahama, Y. Iwabuchi, Synthesis 2011, 3418.
2)Y. Iwabuchi, M. Shibuya, M. Tomizawa, Y. Osada, PCT Int. Appl. WO 2009145323, 2009.
3)M. Hayashi, M. Shibuya, Y. Iwabuchi, Org. Lett. 2012, 14, 154.

弊社では数多くのタイプの酸化剤を取り揃えております。製品情報はこちらのリンクを参照ください。
>> 酸化剤

関連記事

  1. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  2. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  3. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  4. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  5. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…
  6. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  7. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  8. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 野崎・檜山・岸カップリング反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (NHK) Coupling
  2. 窒素固定をめぐって-2
  3. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  4. 日本薬学会第125年会
  5. ひらめききらめく:/1 「創」のとき、夢の鼓動 /北海道
  6. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申請
  7. 多彩な蛍光を発する単一分子有機化合物をつくる
  8. メンデレーエフスカヤ駅
  9. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  10. 花粉症対策の基礎知識

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP