[スポンサーリンク]

一般的な話題

2016年ケムステ人気記事ランキング

今年も残すところ数日となりました。本年も本ウェブサイトを通じて多くの方々にお世話になりました。心より御礼申し上げます。

さて、今年を振り返るのはケムステニュースに後日公開の記事で行うこととしまして、毎年恒例であるケムステ記事人気記事ランキングを紹介しましょう(これまでのランキングはこちら)。今回のランキング方法は2016年1月1日より公開された全記事の中から今年のページビュー(PV)の総計順に並べたものです(12月23日現在までの総計)。それでは早速1位からどうぞ!

2016年ケムステ人気記事ランキング発表!

ishot-17.png

【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に! 35,349ビュー

今年もやはり、圧倒的な人気を誇ったノーベル化学賞速報記事。今年の記事では大体3000ビューを超えると人気記事入りしているので、どれだけノーベル化学賞関連の記事が人気であるかおわかりであることでしょう。年に一回位の化学の祭典。予想は全く当たりませんが、来年も速報します。

関連記事

ishot-18.png

和光純薬を富士フィルムが買収へ 27,949ビュー

 

試薬企業の買収話がなんと今年の2位に。2014年のアルドリッチ社の買収劇ももびっくりしましたが(未だに今年も3,000ビューほどのアクセスがあります)、国内企業、そして化学者にとって大変身近な企業であったためランクインした模様。当初は富士フィルムとされていましたが、海外ファンドに買収されるという話もありました。紆余曲折を経て、結局元サヤに戻ったわけです。エンドユーザーとしてこの買収によって影響が少ないことを祈ります。

関連記事

ishot-19.png

【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」! 27,028ビュー

 

はじめて理研で合成されたのは12年も前の2004年。筆者もまだ修士課程の学生でした。命名権獲得から1年を経てようやく正式にニホニウムの誕生。国内では今年の最大の化学ニュースではないでしょうか。元素ものは人気で5年前の記事「172番元素までの周期表が提案される」も今年も3000ビュー以上のアクセスがありました。今年からケムステでも「元素の基本と仕組み」という新しいコンテンツをはじめています。今回の命名改めておめでとうございます!

関連記事

ishot-20.pngオルト−トルイジンと発がんの関係 20,187ビュー

 

悪玉化学物質として今年最も話題になったオルトートルイジンがなぜ悪いのかということを書いた記事が4位にランクイン。化学物質=体に悪いという話を聞くと、かなり残念な気持ちになりますが、これらは本当に体にわるいものです。1年間ニュースになり続けていたので継続的なアクセスがありました。

関連記事

ishot-21.pngセミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】 12,371ビュー

 

4位から少し離れますが、セミナー資料を公開している有機合成系のウェブを紹介した記事が5位にランクイン。有機合成関連はかなり多くのセミナー資料を公開しています。筆者の研究室もケムステにセミナー資料の寄稿をはじめ、7つの記事を公開しました(関連記事参照)。アクセスをみて一喜一憂しながら楽しんでいます。貴研究室もぜひ寄稿してみてはいかがでしょうか

関連記事

ishot-22.png

【悲報】HGS 分子構造模型 入手不能に 11,601ビュー

 

実は昨年の記事なのですが、年末であったことと続報がでましたので6位にランクイン。廃業によって入手不能となったHGS分子構造模型が、つい最近入手可能になるとのニュースがでました。入手不能となった際にいくつか試してみましたが、やっぱりHGSのものが一番使い勝手がよいです。丸善さんがんばってこのまま発売し続けてください!

関連記事

ishot-23.png

ダウとデュポンの統合に関する小話 9,881ビュー

 

今年も多くの合併・統合のニュースが流れましたが、昨年あった統合話でもっとも大きいものが7位にランクイン。2017年の春に「ダウデュポン」として生まれ変わるらしいですが、ここまで大きくなるとどうなんでしょうね。来年も統合話は尽きそうもありません。

関連記事

ishot-24ALSの新薬「ラジカット」試してます 9,271ビュー

 

あるブログを眺めていて、知った薬がでてきたので記事にしてみました。こういった、医薬品関連の記事は比較的人気があります。薬効関係は多いのですが、化学構造や分子レベルの作用機序まで記載しているウェブサイトはあまりないからだと思います。

関連記事

ishot-25.png海洋天然物パラウアミンの全合成 8,788ビュー

 

昨年秋にはじまった注目研究を行った若手研究者にインタビューを行う、スポットライトリサーチ。すでに依頼させていただいた記事も70を超え、当サイトの人気コンテンツとなっています。そのなかでも最もアクセスを集めたものが本記事で9位にランクイン。全合成ものは毎回人気があり、長期に渡って多くのアクセスがあります。今年の化合物の全合成に関する記事は関連記事にて。

関連記事

ishot-26.png空ポンプはなぜ壊れる? 8,664ビュー

 

身近な研究室内での困ったことが10位にランクイン。11月後半でランクインしているのは、みな困っている証拠?ポンプはどの化学分野でもみられる研究室の必需アイテムです。こんな実験関係の記事も今後も紹介していきたいと思います。

関連記事

2017年もよろしくお願い致します!

いかがでしたでしょうか。記憶にない方、みたことない方はぜひこの機会にご一読を。昨年もお話しましたが、今年公開した記事ばかりが人気であるわけでなく、不変な記事も多いため実はアクセス数で並べてみるともっとアクセスを集めている記事はあります。以下にあるような基本的な有機合成反応と日常なくてはならない化学ツールの記事が毎年人気です。

というわけで、今年3位の新元素でも27位、10位の真空ポンプの記事は158位となっています。

また、今年公開した記事数は「化学者のつぶやき」だけでも249記事。昨年は203記事でした。すべてのコンテンツ合わせた公開記事は403記事。幅広い分野のスタッフが増え、記事の多様化も進んでいます。

それでは本年も大変お世話になりました。スタッフ一同、益々面白い記事を書いていきたいと思いますので、2016年もケムステをよろしくお願いいたします!

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米国版・歯痛の応急薬
  2. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成
  3. ワインのコルク臭の原因は?
  4. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか
  5. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1
  6. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化
  7. 燃える化学の動画を集めてみました
  8. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学パズル・不斉窒素化合物
  2. 不斉配位子
  3. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  4. 官能基化オレフィンのクロスカップリング
  5. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  6. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも
  7. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!
  8. 化学の資格もってますか?
  9. The Sol-Gel Handbook: Synthesis, Characterization and Applications
  10. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP