[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

2016年のノーベル化学賞が決まった「分子マシン」。実用化までは程遠いですが、こういう基礎研究は未来を変える可能性を秘めています。分子マシンに関するこれまでのケムステ記事を紹介します。

世界の化学者データベース

受賞者

分子機械に関連する研究者

インタビュー

分子マシンに関係する記事

関連書籍

受賞者全員が編集に関わっている。

Stoddart教授Sauvage教授が一部チャプターを執筆

Stoddart教授Sauvage教授が一部チャプターを執筆

分子マシンやモーターに関連する最新の書籍

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 研究倫理問題について学んでおこう
  2. ノーベル化学賞まとめ
  3. 身近なカガクを説明した記事まとめ
  4. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジ…
  5. 計算化学記事まとめ
  6. 日本人化学者による卓越した化学研究
  7. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  2. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  3. ウェブサイトのリニューアル
  4. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  5. Classics in Total Synthesis
  6. 製薬各社の被災状況
  7. チエナマイシン /thienamycin
  8. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる
  9. ケミストリ・ソングス【Part1】
  10. 2009年8月人気化学書籍ランキング

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP