[スポンサーリンク]

archives

ノーベル化学賞への道公開

遅くなりましたが、新規コンテンツとしてノーベル化学賞への道 というコンテンツを公開しています。ノーベル化学賞についてのお話全般を公開していますのでぜひ訪れてください。2009年度のノーベル化学賞も予想しています。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  2. エノキサシン:Enoxacin
  3. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  4. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  5. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【…
  6. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  7. ジボラン(diborane)
  8. トップデザイン変更

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポール・ウェンダー Paul A. Wender
  2. 触媒のチカラで不可能を可能に?二連続不斉四級炭素構築法の開発
  3. 野依記念物質科学研究館
  4. とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜
  5. カイコが紡ぐクモの糸
  6. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成
  7. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  8. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  9. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  10. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP