[スポンサーリンク]

archives

4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフルオリド:4-tert-Butyl-2,6-dimethylphenylsulfur Trifluoride

安定で取り扱いの容易な求核的フッ素化剤 (FLUOLEADR)

4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフルオリド (FLUOLEADR)は,梅本らによって開発された新規な求核的フッ素化剤です。高い熱安定性を有する結晶で,DASTなどの既存の求核的フッ素化剤よりも安定で,取り扱いが容易です。種々の基質をフッ素化することが可能で,良好な収率で対応するフッ素化合物を与えます。

“Discovery of 4-tert-Butyl-2,6-dimethylphenylsulfur Trifluoride as a Deoxofluorinating Agent with High Thermal Stability as Well as Unusual Resistance to Aqueous Hydrolysis, and Its Diverse Fluorination Capabilities Including Deoxofluoro-Arylsulfinylation with High Stereoselectivity”

T. Umemoto, R. P. Singh, Y. Xu, N. Saito, J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 18199. DOI: 10.1021/ja106343h

ja-2010-06343h_0013

Versatile, safe, shelf-stable, and easy-to-handle fluorinating agents are strongly desired in both academic and industrial arenas, since fluorinated compounds have attracted considerable interest in many areas, such as drug discovery, due to the unique effects of fluorine atoms when incorporated into molecules. This article describes the synthesis, properties, and reactivity of many substituted and thermally stable phenylsulfur trifluorides, in particular, 4-tert-butyl-2,6-dimethylphenylsulfur trifluoride (Fluolead1k), as a crystalline solid having surprisingly high stability on contact with water and superior utility as a deoxofluorinating agent compared to current reagents, such as DAST and its analogues. The roles of substiuents on 1k in thermal and hydrolytic stability, fluorination reactivity, and the high-yield fluorination mechanism it undergoes have been clarified. In addition to fluorinations of alcohols, aldehydes, and enolizable ketones, 1k smoothly converts non-enolizable carbonyls to CF2 groups, and carboxylic groups to CF3 groups, in high yields. 1k also converts C(═S) and CH3SC(═S)O groups to CF2 and CF3O groups, respectively, in high yields. In addition, 1k effects highly stereoselective deoxofluoro-arylsulfinylation of diols and amino alcohols to give fluoroalkyl arylsulfinates and arylsulfinamides, with complete inversion of configuration at fluorine and the simultaneous, selective formation of one conformational isomer at the sulfoxide sulfur atom. Considering the unique and diverse properties, relative safety, and ease of handling of 1k in addition to its convenient synthesis, it is expected to find considerable use as a novel fluorinating agent in both academic and industrial arenas.

関連記事

  1. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  2. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  3. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  4. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  5. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  6. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  7. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  8. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. メラトニン (melatonin)
  2. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  3. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター
  4. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  5. GRE Chemistry
  6. アハメド・ズヴァイル Ahmed Hassan Zewail
  7. 小説『ラブ・ケミストリー』聖地巡礼してきた
  8. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~
  9. アピオース apiose
  10. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP