[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

3年以上本コンテンツは更新が滞っていましたが、ゆっくりと再開いたします。第28回はブライトン大学、薬学/生命分子学科のピーター・クラッグ教授です。クラッグ教授は有機金属化学と計算化学のバックグラウンドを持ち、近年はカリックスアレーン類を人工ナトリウムチャンネルとして用いてその作用機構を解明するなど、超分子化学および生命無機化学の分野において広くご研究されています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

遺伝子レベルで相続された条件―すなわち、私の父が理由です。私が子供の頃、父はさまざまに色づいた試験管内の溶液が混ざり合って起こる変化を見せてくれました。明るいピンク色の溶液を、無色液体を加えることによって「消して」しまいました。酸塩基化学がこんなにも楽しいものだとは!これらすべての体験が私に(能力があるかどうかはさておき)化学に対する強い興味をもたらしました。ノッティンガム大学の学位を取得後、私はアラバマ州タスカルーサにあるJerry Atwoodのグループで学びました。超分子化学の優れた訓練場で、私は化学研究と発見に初めて心から興奮を覚えたのです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

フィクション作家です―とはいえ、これで収入を得ていくことを私の家族が喜ぶとは思いませんが。私は2冊目の科学書籍の執筆を始め、このプロセスを大いに楽しんでいます。ただ、複雑な分子を平面的に見栄え良くしたり、適切な論文を引いたりする必要がなければ、もっと楽なのですが。

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

明らかに、最善を尽くすこと――分子レベルの発見を通じて、最終的に全ての人類に良い影響を与えること――によってです。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

錬金術師――特にルドルフ2世裁判所で働くプラハの錬金術士とです。ヨーロッパにおけるルネサンスの間に、哲学的で神秘的な側面を残しつつ錬金術/冶金学から分析科学が勃興しました。この時期に生じた精神に魅力を感じています。しかし、パラケルススは食卓に歓迎しないですね。 「化学の真の活用法は、金ではなく薬をつくることだ」と信じている人は、現代の大学に資金をもたらす第3の潮流を完全に見逃しています。彼らの話に十分慎重に耳を傾ければ、卑金属を金に変える方法を学べるかもしれないわけで、自分の研究資金のためにこれ以上のグラントプロポーザルを書く必要がなくなるのです。実際もし興味があるなら、「Wilson’s Chemistry(1709年版)」の付録を見るといいでしょう。この偉業を達成する方法が沢山載っています。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

私は化合物をほしがっている同僚と、お金のやりとりなしに興味深い共同研究をしています。数日前に、オキサカリックス[3]アレーンの合成反応をいちから仕込み、昨日それを濾過しました。まだまだ自分でもラボワークができることがわかり、大変満足しています。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

ジョイスの「ユリシーズ」がいいです。というのも、今のところ半分ほど読んであるのですが、そんなに頻繁に読めないからです。もしくはC. P.スノウの「The New Men」でしょうか?いや、トーマス・ウォートンの「サラマンダー」かも。「無限の書」の創造が物語の核心なので、しばらくの間読書を続けられるでしょう。

私はグレイトフル・デッド(そう、Dalton Transaction誌1月号の表紙を飾った、私の絞り染めTシャツです)をライブで聴いていましたが、休憩なしに何時間も演奏していたので、シングルCDに収まらないでしょうね。その代わりに、フィルモア・ウエストで1969年に演奏された4夜分の完全版、そして1973年のジャズ・マテリアルから、おそらくはmp3プレーヤーの再生を始めるでしょう。空白時間を埋めるべく、ジョン・コルトレーン(ヴィレッジ・ヴァンガードレコーディング製の「India」と「Spiritual」)と、適切な「本物の」楽器で演奏されたJ・S・バッハのBマイナーなども追加しておくでしょうね。

原文:Reactions – Peter Cragg
※このインタビューは2007年8月31日に公開されたものです。

The following two tabs change content below.
せきとも

せきとも

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

関連記事

  1. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  2. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  3. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  4. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーシ…
  5. 第18回 出版業務が天職 – Catherine G…
  6. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 …
  7. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - J…
  8. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bru…

注目情報

ピックアップ記事

  1. 藤嶋 昭 Akira Fujishima
  2. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (2)
  3. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  4. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  5. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所での実例
  6. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  7. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Dibromo-2,1,3-benzothiadiazole
  8. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法
  9. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携
  10. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolaou Macrolactonizaion

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP