[スポンサーリンク]

H

ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis

 

概要

二級アリールアミンおよびグリオキサール酸付加体からオキシインドールを得る方法。

 

基本文献

  • Hinsberg, O. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188821, 110; 1898, 31, 250; 190841, 1367.
  • Hinsberg, O.; Rosenzweig, J. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 189427, 3253
  • Burton, H. J. Chem. Soc. 1932, 546.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chi…
  2. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann React…
  3. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  4. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylalumin…
  5. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  6. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  7. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  8. メルドラム酸 Meldrum’s Acid

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  2. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  3. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  4. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  5. メントール /menthol
  6. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  7. 相田 卓三 Takuzo Aida
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑩:メクボール の巻
  9. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  10. 化学に関係ある国旗を集めてみた

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP