[スポンサーリンク]

archives

サレン-Mn錯体

B2409.gif

 
【東京化成工業】
サレン-Mn錯体: (1S,2S)-N,N’-Bis[(R)-2-hydroxy-2′-phenyl-1,1′-binaphthyl-3-ylmethylene]-1,2-diphenylethylenediaminato Manganese(III) Acetate
分子量: 1037.09
CAS: 158052-18-7
製品コード:B2409
値段: 100mg 21,500円 (2008.10.22 現在)
用途:触媒
説明:高いeeを得ることが困難である共役シスオレフィンの不斉エポキシ化反応の触媒として有用である。
文献:H. Sasaki, R. Irie, T. Hamada, K. Suzuki, T. Katsuki, Tetrahedron, 50, 11827 (1994)
その他の不斉エポキシ化に関する記述: エナンチオ選択的エポキシ化 / Enantioselective Epoxidation(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 安全なジアゾメタン原料
  2. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  3. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  4. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glyco…
  5. ニュースタッフ追加
  6. A-Phosパラジウム錯体
  7. セミナーチャンネルを開設
  8. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  2. Z-選択的オレフィンメタセシス
  3. メンデレーエフスカヤ駅
  4. 触媒討論会に行ってきました
  5. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  6. sinceの使い方
  7. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ
  8. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  9. オキソニウムカチオンを飼いならす
  10. 燃える化学の動画を集めてみました

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP