[スポンサーリンク]

archives

ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dichlorobis(acetonitrile)palladium(II)

 

オキシインドール類の合成

永澤らは,パラジウム触媒を用いた分子内C-H結合官能基化反応によるオキシインドール類の合成を報告しています。それによれば,触媒量のビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリドとトリフルオロ酢酸銀の存在下,N-シンナモイルアニリン誘導体から種々の3-アルキリデンオキシインドール誘導体を高収率で得ることができます。天然物や医薬品合成への応用が期待されます。

“Oxindole synthesis by palladium-catalysed aromatic C–H alkenylation”

S. Ueda, T. Okada, H. Nagasawa, Chem. Commun. 2010, 46, 2462. DOI: 10.1039/B926560K

GA

A strategy involving palladium-catalysed aromatic C–H functionalisation/intramolecularalkenylation provides a convenient and direct synthesis of 3-alkylideneoxindoles. In the presence of 5 mol% of PdCl2MeCN2 and AgOCOCF3, a wide variety of N-cinnamoylanilines gave 3-alkylideneoxindoles in moderate to good yield.

関連記事

  1. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  2. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  3. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  4. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…
  5. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  6. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  7. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…
  8. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. バニリン /Vanillin
  2. で、その研究はなんの役に立つの?
  3. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Synthesis
  4. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  5. 一流科学者たちの経済的出自とその考察
  6. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透
  7. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation
  8. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  9. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  10. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP