[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

The Sol-Gel Handbook: Synthesis, Characterization and Applications

内容

This comprehensive three-volume handbook brings together a review of the current state together with the latest developments in sol-gel technology to put forward new ideas.
The first volume, dedicated to synthesis and shaping, gives an in-depth overview of the wet-chemical processes that constitute the core of the sol-gel method and presents the various pathways for the successful synthesis of inorganic and hybrid organic-inorganic materials, bio- and bio-inspired materials, powders, particles and fibers as well as sol-gel derived thin films, coatings and surfaces.
The second volume deals with the mechanical, optical, electrical and magnetic properties of sol-gel derived materials and the methods for their characterization such as diffraction methods and nuclear magnetic resonance, infrared and Raman spectroscopies.
The third volume concentrates on the various applications in the fields of membrane science, catalysis, energy research, biomaterials science, biomedicine, photonics and electronics.

(ワイリーHPより)

対象

大学院生以上、ゾル−ゲル法のプロセス・材料の分析・応用に興味がある化学者

解説

ゾル−ゲル法による材料合成研究は1960年代初頭から行われており、比較的簡易なプロセスは産業でも広く応用されている。この書籍はこの研究分野における最新情報がまとめられたものである。

3冊で構成され、

  1. ゾル−ゲル法の合成プロセス
  2. 得られる材料の物性
  3. 応用

に分けられている。ゾル−ゲル法で得られる材料は化合物(金属酸化物、シリコーン、有機高分子、錯体など)や形態(微粒子やファイバー、薄膜、塊状体など)においてさまざまであり、応用もコーティング剤、電池材料、吸着剤、医療材料、断熱材など多岐にわたるが、46章分の分担執筆により一冊で幅広い研究範囲がカバーされている。

これから研究を始める、研究を展開していくもしくは産業に応用していく上で、基礎から応用までの参考書として用いることができる。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
GEN
国立大JK。巨視的規模での多孔性作製を得意としていますが、バイオロボティクス他いろいろかじっています。化学をおもしろく伝えていきたいと考えています。

関連記事

  1. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル
  2. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  3. Heterocyclic Chemistry
  4. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  5. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申…
  6. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー
  7. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  8. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  2. 学振申請書の書き方とコツ
  3. カンファー(camphor)
  4. グローバルCOE審査結果
  5. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  6. SPhos
  7. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  8. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  9. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination
  10. 「Natureダイジェスト」で化学の見識を広めよう!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリ…

日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン

先日閉会した日本化学会年会。付設展示会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました(Pa…

元素名と中国語

Eineです。化学を学ぶ人間が最初に直面する課題、それは元素周期表の暗記です。高校化学過程では第1元…

「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

「ケムステ海外研究記」の第11回目は、第10回目の赤松さんのご紹介で、名古屋大学大学院理学系研究科(…

ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-…

超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー

大学生・高専生による自主研究の祭典、サイエンス・インカレの研究発表会に参加しました。発表会の様子と化…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP