[スポンサーリンク]

一般的な話題

超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー

大学生・高専生による自主研究の祭典、サイエンス・インカレの研究発表会に参加しました。発表会の様子と化学分野で審査員ポスター賞を受賞した藤田 祐輝さんへのインタビューをお伝えします。

サイエンス・インカレ発表会

以前、ケムステニュースでお伝えしましたが、サイエンス・インカレは、学生の能力・研究意欲を高め、創造性豊かな科学技術人材を学部生から育成することを目的に、自然科学分野を学ぶ全国の学生が自主研究の成果を発表し競い合う場として文部科学省、JSTと協力企業が共同で開催している企画です。分野は、化学に限らず、物理、生物、数学など様々な分野の研究が対象です。

発表会では、書類選考を勝ち抜いたチームが口頭発表かポスター発表を行い、その中でも特に優秀な発表が表彰されます。さらに、優秀者の中から選ばれたメンバーは、欧州やアメリカなどの一流研究機関の見学ツアーに無償で招待されます。今年の発表会は、3月3日と4日に筑波大学春日キャンパスで行われました。

発表会の様子

一日目は開会式の後、各分野に分かれて口頭発表が行われました。化学分野は残念ながら少なく、数学分野と合同のセッションでした。一方で工学というセッションの方が化学に関する発表が多く、そちらを聴講していました。とても初々しく、原稿をしっかり暗記して読んでいたり時間きっちりと終わらせていたりと自分の初めての発表を思い出しました。ポスター発表では、ポスターだけでなく様々な小道具を用意してアピールしている場面も見受けられ大変面白かったです。一方で、英語のポスターを準備している学生さんもいて将来の国際学会参加も視野に入れているように見えました。

一日目の後の懇親会では、ほとんどの学生が集まり学生同士や協力企業の社員さんといろいろな話をしていました。学生にはサイエンスインカレオリジナルの名刺が準備され、企業交流会さながらの名刺交換により交流が深まれていました。ただし、未成年の学生さんもいるのでお酒の提供ありませんでした。。。。。。

懇親会の様子。会場にすし詰めでした。

二日目は、基調講演の後、表彰式が執り行われました。文部科学大臣賞、審査員賞などの受賞者が表彰されていました。協力企業が独自に評価し受賞者を決定する企業賞では、各企業の思い入れの強い発表が受賞していた気がします。

協力企業の紹介

受賞者インタビュー

化学分野で審査員ポスター賞を受賞した東北大学理学部化学科の藤田 祐輝さんに受賞後インタビューを行いました。藤田さんは大学四年生で、有機物理化学研究室に所属しています。光環境変化に応答した光合成アンテナタンパク質の膜内移動の検証という研究内容で受賞しました。

藤田 祐輝さん

  • 受賞した発表は、どのような研究についてですか?

    私が所属する研究室で新たに開発された顕微鏡を用いることで、細胞を壊さずに光合成タンパク質の葉緑体内の分布を観測することができます。その観測結果をもとに光合成タンパク質が光環境に応答してどのように移動するのか検証を行いました。

  • 研究で自分で工夫したところはどこですか?

    研究が行き詰っていたとき、得られたデータをとりあえず様々な観点から解析してみましたそうすることで面白い相関を発見することができ、今回の研究発表までもっていくことができました。

  • 逆に研究で苦労したところはどこですか?

    研究室で測定に用いる単細胞緑藻を培養しているのですが、身近に生物の培養に詳しい人がいなかったので、その培養方法を確立するのはとても苦労しました。

  • 将来は、どのようなキャリアを考えていますか?

    博士号を取得し、その後企業の研究員として働きたいと考えています。具体的な企業はまだ考えていませんが、光学系に関する装置開発を行う仕事をしたいです。

  • 研究奨励金はどのように使う予定ですか?

    将来のために貯金します。(笑)

  • 最後にケムステ読者にメッセージをお願いします。

    私の研究をこのような形で評価していただけて、とても嬉しいです。研究者としてはまだまだ未熟ですので、これからさらに精進していこうと思います。ありがとうございました。

このように、国際学会での発表や論文執筆など今後の活躍が非常に期待される超若手研究者でした。

感想

発表を聞いて、学生が本当に主体で研究を行っていることが感じられました。ただ化学分野の研究発表は少なく、日々の生活と化学は密着しているだけにより活発な学生主体の研究が期待されます。

大学や研究期間も以前と比べてオープンに分析機器を利用公開しているため、研究室に属していなくてもいろいろな研究ができると思います。交流会では多くの学生と話す機会があり、研究への思いを強く感じることができました。一方で、大学四年生で就職するという話もよく聞かれ、せっかく面白い研究を行っているので少し残念に感じられました。また、参加常連校も多く見受けられました。

そのため今後より広く多くの学生が参加し、このイベントが研究者の登竜門的なイベントになることを個人的に期待しています。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から
  2. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)
  3. PACIFICHEM2010に参加してきました!Final!
  4. シュプリンガー・ジャパン:生化学会書籍展示ケムステ特典!
  5. 配位子で保護された金クラスターの結合階層性の解明
  6. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する…
  7. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  8. 未来の科学者を育てる政策~スーパーサイエンスハイスクール(SSH…

コメント

    • azur
    • 2017年 3月 21日

    このようなイベントに参加しながら学部就職とは。自分の考えを持っているのは素晴らしいですが、さすがにもったいないですよね。

    • Zeolinite
      • Zeolinite
      • 2017年 3月 22日

      そうですね。しかし、これらの貴重な体験が社会における仕事でも活躍できるとも思えますので、ぜひ頑張ってもらいたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 井上 将行 Masayuki Inoue
  2. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation
  3. 史跡 土肥金山
  4. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide
  5. 2009年10大化学ニュース
  6. 触媒的syn-ジクロロ化反応への挑戦
  7. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  8. Rice cooker
  9. 京都賞―受賞化学者一覧
  10. 日本化学会第85回春季年会

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP