[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

チャンパック・チャッタージー (Champak Chatterjee、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者・生化学者である。ワシントン大学助教授。(写真:University of Washington)

経歴

199x ボンベイ大学 卒業 (首席)
199x インド工科大学ボンベイ校 修士号取得(Sambasivarao Kotha教授)
199x イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 博士号取得(Wilfred A van der Donk教授)
199x ロックフェラー大学 博士研究員(Tom W. Muir教授)
200x ワシントン大学 助教授

受賞歴

2012 Royalty Research Fund Award (Histone sumoylation).
2013 M.J. Murdock Charitable Trust’s Partners in Science Program Grant.
2014 Alumni Achiever Award, V.G. Vaze College, Mumbai, India.
2014 NIH/NIGMS 1R01GM110430-01.
2016 Royalty Research Fund Award (Pupylation).

研究概要

ラボで掲げているテーマは以下の通りである。

  1. 酵素機能を標識する低分子化合物の創製
  2. タンパク質の化学修飾法の開発
  3. タンパク質の化学全合成
  4. タンパク質ベースの標識化合物およびプロテアーゼ機能の創出

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ステフェン・リパード Stephen J. Lippard
  2. バリー・トロスト Barry M. Trost
  3. ベンジャミン・リスト Benjamin List
  4. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  5. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  6. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  7. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  8. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2012年分子生物学会/生化学会 ケムステキャンペーン
  2. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  3. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  4. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst
  5. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!
  6. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  7. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  8. 未来の科学コミュニティ
  9. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携
  10. 構造式を美しく書くために【準備編】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP