[スポンサーリンク]

archives

ヘテロカンシラノール

mfcd08457663.gif

【Aldrich 】
 
ヘテロカンシラノール:Sodium 2-furyldimethylsilanolate
分子量: 164.21
CAS:
製品コード: 673250
値段: 1g 23,100円 (2008.10.22 現在)
用途:檜山カップリングの原料
説明: ヘテロ環化合物にも檜山カップリングは有効である。
その他のシラノールに関するリンク:有機シラノール: クロスカップリングの強力な求核試剤(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)、
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. SPhos
  2. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…
  3. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosp…
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  5. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  6. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  7. ニュースタッフ追加
  8. Xantphos

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  2. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  3. 触媒的芳香族求核置換反応
  4. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)
  5. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification
  6. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成
  7. ドナルド・トマリア Donald Tomalia
  8. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す
  9. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  10. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP