[スポンサーリンク]

archives

ヘテロカンシラノール

mfcd08457663.gif

【Aldrich 】
 
ヘテロカンシラノール:Sodium 2-furyldimethylsilanolate
分子量: 164.21
CAS:
製品コード: 673250
値段: 1g 23,100円 (2008.10.22 現在)
用途:檜山カップリングの原料
説明: ヘテロ環化合物にも檜山カップリングは有効である。
その他のシラノールに関するリンク:有機シラノール: クロスカップリングの強力な求核試剤(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)、
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  2. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  3. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Ir…
  4. ケムステ国際版・中国語版始動!
  5. サレン-Mn錯体
  6. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  7. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  8. 記事評価&コメントウィジェットを導入

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  2. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  3. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~
  4. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  5. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartIII+薬学会も!
  6. アブノーマルNHC
  7. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  8. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  9. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』
  10. インドール一覧

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP