[スポンサーリンク]

ケムステニュース

光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証

ノリタケカンパニーリミテドは6日、東京医科歯科大との研究で、光を吸収してほかの物質に化学反応を引き起こさせる光触媒効果が、新型肺炎(SARS)のウイルスを短時間に死滅させ、空気感染を防ぐことを確認したと発表した。

光触媒として開発した酸化チタン膜をガラスプレートに載せ、SARSウイルスを滴下して紫外線をあてたところ、約15分で感染力が検出できなくなったという。

ノリタケは「SARSウイルスに対する光触媒効果の詳細な報告は国内で初めて」としており、14日に東大で開くシンポジウムで発表する。(引用:岩手日報)

 

光触媒っていろいろな効果があるんですね。

 

関連書籍

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  2. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ…
  3. 2011年日本化学会各賞発表-学会賞-
  4. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  5. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  6. 大日本インキ、中国・上海に全額出資の物流会社
  7. 未来の病気診断はケータイで!?
  8. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年10大分子発表!
  2. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功
  3. 三中心四電子結合とは?
  4. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition
  5. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  6. bothの使い方
  7. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  8. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  9. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  10. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

新しい構造を持つゼオライトの合成に成功!

第109回のスポットライトリサーチ。今回は横浜国立大学大学院工学研究院 機能の創生部門 窪田好浩研究…

モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか

ジョンソン・アンド・ジョンソンは、HIV及びエイズに関する会議 "IAS2007" にて、最新のHI…

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP