[スポンサーリンク]

ケムステニュース

被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ

被ばくの少ない陽電子放射断層撮影装置(PET)用の造影剤を、中村栄一東京大教授(物理有機化学)と藤沢薬品工業(大阪市)のチームが開発、ラットを使った実験で撮影に成功した。31日付のドイツ化学会誌に発表した。
 

 PETは造影剤が出す放射線をとらえ、画像化する。患者が被ばくするため、より短寿命の放射性物質を使う造影剤の開発が課題だった。今回開発された造影剤は人にも応用できるといい、実用化が期待される。(引用:中国新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  2. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!
  3. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  4. 石テレ賞、山下さんら3人
  5. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  6. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者
  7. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告
  8. 呉羽化学、社名を「クレハ」に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  2. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling
  3. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売
  4. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  5. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  6. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis
  7. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調
  8. 大学院生のつぶやき:第5回HOPEミーティングに参加してきました
  9. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis
  10. 水が促進するエポキシド開環カスケード

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP