[スポンサーリンク]

archives

亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate

T1294.gif

亜鉛トリフラート触媒を用いたアリールヒドラゾン経由のピラゾリン合成

Bellerらは亜鉛トリフラート触媒を用いたアリール置換ピラゾリンの新しい位置選択的合成を報告しています。それによれば,アリールヒドラジンと3-ブチン-1-オールを亜鉛トリフラート触媒存在下で反応させることにより,アリールヒドラゾン経由の反応でピラゾリンが高収率で得られています。さらに,空気酸化反応によりピラゾールへ変換しています。

K. Alex, A. Tillack, N. Schwarz, M. Beller, Org. Lett., 2008, 10, 2377.

 

関連記事

  1. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…
  2. 安全なジアゾメタン原料
  3. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  4. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…
  5. C60MC12
  6. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  7. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  8. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. エタール反応 Etard Reaction
  2. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  3. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrrole Synthesis
  4. 論文執筆&出版を学ぶポータルサイト
  5. 高分子の合成(上)(下)
  6. Whitesides’ Group: Writing a paper
  7. 「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?
  8. ジョン・スティル John K. Stille
  9. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  10. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP