[スポンサーリンク]

ケムステニュース

秋の褒章2013-化学

 

政府は2日付で、2013年秋の褒章受章者781人(うち女性174人)と14団体を発表した。3日に発令される。学術や研究、芸術、スポーツなどの分野で活躍した人に贈られる紫綬褒章には、小説家の北方謙三さん(66)、漫画家の大友克洋さん(59)ら16人が選ばれた。(引用:YOMIURI ONLINE

半年に一度の褒章が発表されました。
今年の秋は上記引用の方々に加え、「初音ミク」開発者に藍綬褒章など、何かと話題性を振りまいています。

学術系に授与されるのは紫綬褒章ですが、化学関連分野からは、有機EL研究で世界の最先端を走る城戸淳二 教授(山形大)、薄膜太陽電池の研究にて顕著な業績をあげる小長井誠 教授(東工大)の2名が受章しています。おめでとうございます!

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 春の褒章2011-化学
  2. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  3. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  4. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  5. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  6. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liqui…
  7. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  8. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 114番元素と116番元素が正式認可される
  2. 未来の病気診断はケータイで!?
  3. ペリプラノン
  4. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  5. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  6. 還元された酸化グラフェン(その1)
  7. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Dibromo-2,1,3-benzothiadiazole
  8. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  9. バニリン /Vanillin
  10. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP