[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser

 

リック・L・ダンハイザー (Rick L. Danheiser、19xx年x月xx日-)は、アメリカの有機化学者である(画像:MIT Chemistry)。

米マサチューセッツ工科大学教授。

経歴

1972 コロンビアカレッジ 卒業 (Gilbert Stork教授)
1978 ハーバード大学 博士号取得 (E. J. Corey教授)
1978 マサチューセッツ工科大学 助教授
現在 マサチューセッツ工科大学 Arthur C Cope Professor of Chemistry

受賞歴

19xx Arthur C. Cope Scholar Award

 

研究概要

新規有機合成法の開発研究および複雑化合物合成への応用

アレンやシクロブテノンなどを用いるDanheiser環化といった人名反応に名を残している。

danheiser_1.gif

Danheiser環化

danheiser_cp_1.gif

Danheiserシクロペンテン合成

 

コメント&その他

1. Organic Syntheses誌のEditor-in-Chiefを兼任している。

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  2. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  3. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  4. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  5. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  6. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz…
  7. グラーメ・モード Graeme Moad
  8. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  2. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  3. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!
  4. 三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結
  5. 有機光触媒を用いたポリマー合成
  6. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition
  7. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  8. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる
  9. PL法 ? ものづくりの担い手として知っておきたい法律
  10. 産官学の深耕ー社会への発信+若い力への後押しー第1回CSJ化学フェスタ

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP