[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

 

福住俊一 (ふくずみ しゅんいち、1950年1月18日(名古屋生まれ)-)は、日本の物理化学者である。大阪大学教授。

経歴

1973 東京工業大学 化学工学科 卒業
1978 東京工業大学 理工学研究科 博士号取得
1978-81 インディアナ大学 博士研究員 (J.K.Kochi教授)
1981-92 大阪大学工学部 助手
1992-94 大阪大学工学部 助教授
1994 大阪大学大学院工学研究科 教授

 

受賞歴

2005 日本化学会賞
2011 紫綬褒章

 

研究概要

金属酵素のモデル反応や錯体触媒を用いる電子移動反応の制御など、電子移動化学に関する幅広い研究を行っている。

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  2. ジョン・スティル John K. Stille
  3. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  4. 中西香爾 Koji Nakanishi
  5. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  6. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  7. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  8. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 前田 浩 Hiro Maeda
  2. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid Synthesis
  3. Innovative Drug Synthesis
  4. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  5. シャンカー・バラスブラマニアン Shanker Balasubramanian
  6. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  7. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街
  8. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  9. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー後編
  10. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

今回は、Wolff 転位、Curtius 転位あるいは Hofmann 転位といった反応を取り上げま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP