[スポンサーリンク]

ケムステニュース

凸版印刷、有機ELパネル開発

凸版印刷は印刷製法を使ったカラー有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルを開発した。材料を真空蒸着し、発光層を形成する現在主流の方法に比べ、大型化やコスト削減が容易になるという。

 凸版が開発したパネルの大きさは5インチで解像度は320×240ドット。高分子型の材料を使用して印刷製法により薄い発光膜を均一な厚さで形成することに成功した。印刷技術の詳細は明らかにしていないが、インクジェットなど他の方式に比べ膜圧のばらつきが少なく、画素欠けのないパネルをつくりやすいという。(引用:日本経済新聞

【追記:2008年5月】 照明用の有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルの事業性検証会社「Lumiotec(ルミオテック)株式会社」を三菱重工業株式会社、ローム株式会社、凸版印刷株式会社、三井物産株式会社とともに設立しています。

 

関連動画

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  2. 化学五輪、「金」の高3連続出場 7月に東京開催
  3. のむ発毛薬で五輪アウトに
  4. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用
  5. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  6. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  7. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  8. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1
  2. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  3. 誤った科学論文は悪か?
  4. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  5. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~
  6. フッ素ドープ酸化スズ (FTO)
  7. 二丁拳銃をたずさえ帰ってきた魔弾の射手
  8. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  9. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成
  10. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP