[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

主催:日本プロセス化学会

共催:日本薬学会、日本化学会 等

日時:2005年7月15~16日

場所:タワーホール船堀

内容:吉田 潤一(京大院・工) 「マイクロリアクターを用いた選択的化学合成」等

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 富士写、化学材料を事業化
  2. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  3. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  4. 112番元素が正式に周期表の仲間入り
  5. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  6. 情報守る“秘密の紙”開発
  7. サリドマイドを監視
  8. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. テキサス大教授Science論文捏造か?
  2. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  3. スナップ試薬 SnAP Reagent
  4. 科学系のLINEスタンプを使おう!!
  5. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  6. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde
  7. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gilbert Alkyne Synthesis
  8. カスケード反応 Cascade Reaction
  9. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  10. マーティン・バーク Martin D. Burke

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP