[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

主催:日本プロセス化学会

共催:日本薬学会、日本化学会 等

日時:2005年7月15~16日

場所:タワーホール船堀

内容:吉田 潤一(京大院・工) 「マイクロリアクターを用いた選択的化学合成」等

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

最新記事 by webmaster (全て見る)

関連記事

  1. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  2. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  3. 後発医薬品、相次ぎ発売・特許切れ好機に
  4. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  5. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に
  6. 化学 2005年7月号
  7. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…
  8. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 韮崎大村美術館
  2. アルカロイドの大量生産
  3. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  4. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  5. カフェイン caffeine
  6. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  7. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用
  8. 結晶スポンジ法から始まったミヤコシンの立体化学問題は意外な結末
  9. レビュー多くてもよくね?
  10. 触媒的芳香族求核置換反応

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ハイフン(-)の使い方

ハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をいく…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP