[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ワッカー酸化 Wacker oxidation

 

概要

PdCl2-CuCl2触媒によるエチレン→アセトアルデヒドの酸化プロセスとして元来開発された。酸素を酸化剤として用いることができる。

一般の末端アルケンの酸化にも用いることができる。生成物はメチルケトンとなる。溶媒はDMFが多用される。

通常、内部アルケンは反応性に乏しく、末端アルケンのみを選択的に酸化することが可能。

基本文献

  • Smidt, J.; Sieber, R. Angew. Chem. 19591, 176. doi:10.1002/ange.19590710503
  • Smidt, J.; Hafner, W.; Jira, R.; Sieber, R.; Sedlmeier, J.; Sabel, A. Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1962, 1, 80. doi:10.1002/anie.196200801
  • Tsuji, J. Synthesis 1984, 369.
  • 辻二郎ら、有機合成化学協会誌 1989, 47, 649.
  • Hegedus, L. S. Comprehensive Organic Synthesis, 19914, 552.
  • Tsuji, J. Comprehensive Organic Synthesis 19917, 449.

 

反応機構

アルケンの酸化はPd(II)、Pd(0)の酸化はCu(II)、Cu(I)の酸化は酸素分子によりなされる。これらのプロセスが協奏的に働くことで触媒サイクルが機能する。
wacker_oxi_2.gif

反応例

末端アルケンのみが選択的に酸化され、内部アルケンやアルデヒドは酸化されない。[1] wacker_oxi_4.gif
Wacker酸化と溝呂木-Heck反応を組み合わせた、高立体選択的縮環骨格合成[2] wacker_oxi_5.gif

実験手順

1-デカンの酸化[3] wacker_oxi_6.gif

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Tsuji, J. Synthesis 1984, 369.

[2] Larock, R. C. et al. J. Am. Chem. Soc. 1991,113, 7815. DOI: 10.1021/ja00020a083

[3] Org. Synth. 1989, 62, 9.

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  2. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reage…
  3. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  4. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…
  5. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation wit…
  6. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocataly…
  7. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…
  8. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangem…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  2. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  3. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その2
  4. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  5. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  6. デンドリマー / dendrimer
  7. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  8. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  9. 恋する創薬研究室
  10. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP