[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

身近なカガクを説明した記事まとめ

かなり専門的な記事が多い当サイトですが、時々一般的な科学(化学)現象や身近に存在する化合物の記事を掲載しています。比較的読みやすいそれらの記事を集めてみました。

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

最新記事 by webmaster (全て見る)

関連記事

  1. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  2. 化学研究特化型アプリまとめ
  3. 美しい化学構造式を書きたい方に
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  5. ケムステ記事ランキングまとめ
  6. 論文執筆ABC
  7. 化学小説まとめ
  8. 有機合成テクニック集[ケムステ版]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. 第35回構造有機化学討論会
  3. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylboration
  4. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  5. 「医薬品クライシス」を読みました。
  6. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  7. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  8. 【書籍】10分間ミステリー
  9. 質量分析で使うRMS errorって?
  10. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

就職か進学かの分かれ道

2017年も始まりましたね。現在1月、もうすぐ3月。そうです、就職活動の時期がやってきます。…

ハイフン(-)の使い方

yハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をい…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP